志望動機や面接対策

人気の高い職業の一つとして薬剤師がありますが、薬剤師として働く事ができる職場として調剤薬局があります。調剤薬局薬剤師の求人というのは豊富にありますので、選択肢を沢山持つ事ができます。

 

薬剤師は売り手市場のお仕事ですので、調剤薬局薬剤師として働きたい時には勤め先を見付け易いと言えますが

しかしながら売り手市場のお仕事の場合でも当然の事ながら採用試験を突破しなければいけません。

採用試験の内容によっては売り手市場だろうと不採用になってしまう事がある訳ですが、採用を獲得する為にも特にしっかりと対策を行いたいのが面接です。合否を左右する大切な試験という事もあり、前以て準備をしてから臨む事が大切になりますが、特にきちんと用意すべき要素として志望動機が挙げられます。

 

志望動機は

 

自身が持っている気持ちを伝える為の要素になりますが、内容次第では熱意をしっかりと見せる事ができません。どういった具合に整理していけば良いのかと言いますと、まずはなぜその募集先の調剤薬局薬剤師として働きたいのかという事を明確に伝える必要があります。

 

熱意を伝える為には他の調剤薬局薬剤師ではなく、その調剤薬局薬剤師が良かったという理由があるはずですので、その点をしっかりと整理して気持ちを伝える事が大切です。そして自分自身がどういった風に役立てるのかという事もアピールしなければいけません。

面接官に採用したいと思わせる為には、やはり採用するメリットを感じさせる必要がありますので、その為にも自身が持っているスキルや経験などをアピールしていく事が大切です。必ず内容には具体背を持たせる事が重要になります。志望動機を伝える際によくやってしまいがちなのが抽象的な表現によるアピールです。

 

抽象的な表現ですと上辺だけのアピールにもなってしまいますし、熱意も伝わり難くなりますので、数字や実例を挙げてアピールした方が良いと言えます。

 

調剤薬局求人ランキング TOP